ちふれのオールインワンファンデーションを産後に使った感想

 

 

出産をしてから子供中心の生活になってしまい、自分の肌ケアが後回しになっていました。

 

 

気づけば1日、スキンケアすらせずにすっぴんのまま過ごしていることもありました。

 

 

友達に話すと、メイクをさぼってしまうとそれが習慣になってしまうから危ないと言われたので反省しました。

 

 

ただ実際に子育てと家事をしていると、あっという間に時間が過ぎてしまい、自分のために時間を割くことができません。

 

 

そこで時短で綺麗なメイクができるように、ちふれのオールインワンファンデーションを活用することにしました。

 

厳密に言えば、オールインワンではないのかもですが
私にとってはオールインワンなのでここではそう呼びたいと思います。

 

 

私の使い方と実感を書きますと、ちふれの製品はまず安心でありながら、コストパフォーマンスが最高だということです。

 

 

出産してから子供のためにお金を使うことが多くなり、これからの教育費などを考えると、独身の時のように高い値段のコスメばかりを買っているわけにはいきません。

 

 

そこで値段が安いのに、高品質だと評価が高いちふれの化粧品を利用することにしました。

 

 

今まで、ファンデーションを塗る前に、化粧水と乳液で下地を整えてから、さらに下地クリームを塗るという手間が必要でした。

 

 

しかしオールインワンファンデーションにしてからは、化粧水と乳液、下地クリームなどを全て省くことができるので、時間を無駄にしません。

 

 

ただ私の使い方として、夏は良いですが、冬は乾燥が少しつらいと感じることがあるので乳液を軽く塗ってから、オールインワンファンデーションを塗るようにしています。

 

 

そうすることで保湿感が長持ちするので、ファンデーションが時間がたってもよじれることがなく、皺の間にファンデが詰まる心配もありません。

 

 

そしてちふれの商品は、無香料なのがとても嬉しいです。

 

 

授乳中だということもありますが、妊娠をしてから匂いに敏感になってしまい産後も香りがきついものは苦手になってしまいました。

 

 

赤ちゃんにも香りがきついのは良くないと感じたので、無香料や無着色なものは安心して使っています。

 

 

オールインワンファンデーションを使うようになってから、化粧をするのが面倒だと感じることも減りましたし、肌への負担が少ないように感じています。

 

 

それぞれのアイテムを分けて使うよりも、1回で済ませるほうが自分には合っているように感じます。

 

 

体調が悪いときや疲れているときでも、オールインワンファンデーションなら使うことができます。

 

コストパフォーマンスも最高なので、これからはこっちに切り替えようと考えています。